フレンチブルドッグ 散歩 時間 頻度 歩かない

 

フレンチブルドッグは闘犬の血をひいているので、運動量が多く、散歩もたくさんしないといけないようなイメージがありますよね。

実際にはどれくらいの時間、頻度で散歩をすればいいのでしょうか?

また、歩かない場合はどうすればいいのでしょうか?

調べたのでご紹介します。

フレンチブルドッグの散歩の時間、頻度

フレンチブルドッグ 散歩 時間 頻度 歩かない

フレンチブルドッグは闘犬の血をひいていますが、意外と長時間の運動は必要ないようです。

必ず毎日行かなければいけない、というわけでもないようです。

できたら朝夕2回連れて行き、1回の散歩の時間も20~30分程度でいいようです。

散歩に行けなかった日は室内でいっしょに遊んであげるようにしましょう。

散歩は気分転換程度でいいようです。

ですが、フレンチブルドッグは太りやすい犬種なので、運動のためにも散歩に連れ出してあげることは必要なようです。

フレンチブルドッグに重要な散歩の時間帯

フレンチブルドッグは他の犬種よりも暑さに弱く、寒さにも弱い犬種です。

ですから、夏場は暑い時間帯を避け、早朝や日が落ちて地面が熱くなくなってから、冬場は寒い時間を避け、暖かい日中に散歩に連れて行くようにしましょう。

スポンサードリンク

散歩で歩かない場合

フレンチブルドッグが散歩に行って座り込んでしまって歩かない、なんてこともあるかもしれません。

このような場合、飼い主さんが抱っこをしてはいけません

歩かないと抱っこしてもらえると思うと、余計に散歩で歩かなくなってしまいます。

歩いてくれない犬を歩かせるには、リードを後ろに引き、前足が浮いて立ってからすぐにリードを前に引きます。

犬は驚いて歩きだします。

それでも歩かないときは、これを何度も繰り返し、犬が自分のしていることが無意味だと思うまで続けるといいようです。

臆病で歩かない場合

犬の中には本当に散歩が嫌いな子もいます。

本当に散歩が嫌いで歩かない場合は、無理に散歩に連れて行かなくてもいいと思います。

ストレス発散の散歩でストレスが溜まってしまうのですから、かわいそうですよね。

このような子は、家で一緒に遊んで運動させてあげるといいようです。

まとめ

フレンチブルドッグは意外にも運動量が多くなくてもいいようで、散歩の時間は1回20~30分程度、頻度はできれば朝夕の2回、ですが無理して毎日散歩に行く必要もないようです。

散歩に行かなかった日は家で一緒に遊ぶようにし、運動はさせるようにしましょう。

フレンチブルドッグの散歩は、気分転換程度の気持ちでいいようです。

スポンサードリンク